製品紹介

段ボールの歴史

段ボールの歴史イメージ画像 ダンボールは19世紀(1856年)のイギリスで、エドワード・チャールズ・ヒーレイとエドワード・エリス・アレンの二名によって、 当時流行していたシルクハットの内側の汗を吸い取るために開発されました。

のちに包装資材として利用されるようになったのは、1800年代の末アメリカにおいてガラス製品の包装に使用されたのが始まりです。

日本では、明治42年(1909年)に井上貞治郎氏によってボール紙に多くの段をつけることに成功し、 「ダン(段)ボール」と命名され、片面ダンボールを商品として売り出されました。

そして、戦後の高度成長後、ダンボールの需要は目覚ましい勢いで拡大し、木箱に替わって全国に拡大したと言われています。

現在では、インターネットの普及に伴い、ダンボールが物流にを支えるうえで、無くてはならない存在となりました。


製品紹介

製品紹介イメージ画像


構内紹介

製造工程イメージ画像